組合紹介
書店紹介
本の紹介
組合推薦図書
注目の本
ブックリスト京都

出版社紹介
リンク
書店用ページ

{NEFC}
    {NEFCLOOP}
  • {NEFCLINK}{NEFCTITLE}{/NEFCLINK}
  • {/NEFCLOOP}
{/NEFC}


本の紹介 > 注目の本

江戸時代新聞
江戸時代新聞
ISBN:4096261297
223p 30cm(A4)
小学館 (2003-09-20出版)
2310円(本体2200円)






仕事柄、ゆっくり長編小説を読むほどの時間もない。かといって、本屋が本を読まないでは話にもならない。そこで見つけたのが、「江戸時代新聞」(小学館)です。江戸260年の歴史が新聞形式で紹介されていて、しかも、見開き1ページが1枚の新聞になっている。毎日暇な時間に読み進むと、何時しか立派な江戸時代評論家になれそうな気がする。歴史の中でも江戸時代は一番現代に共通する時代でもあって、例えば、「伊達政宗の孫の伊達綱宗は、吉原通いに興じて役目をおろそかにしたことが原因でわずか21歳で隠居させられた」と新聞記事にあった立派な親のあとは愚直な子が育ちやすいのは、現代でも同じです。

文:ブックスランボー 堀江 



PAGE TOP ↑