組合紹介
書店紹介
本の紹介
組合推薦図書
注目の本
ブックリスト京都

出版社紹介
リンク
書店用ページ

{NEFC}
    {NEFCLOOP}
  • {NEFCLINK}{NEFCTITLE}{/NEFCLINK}
  • {/NEFCLOOP}
{/NEFC}


本の紹介 > 注目の本

天使と悪魔
天使と悪魔
[原書名:ANGELS AND DEMONS]
ISBN:4047914568
343p 19cm(B6)
角川書店 (2003-10-30出版)
ブラウン,ダン【著】〈Brown,Dan〉
越前 敏弥【訳】
1,800円(税別)



象徴学者ロバート・ラングトンが謎の秘密結社イルミナティが引き起こす殺人事件とカトリックへの復讐に立ち向かう。物語はヴァチカンを中心とした、たった一日の時間の経過の中でハイスピードで進行する。にもかかわらずこの物語が「飽きのこない」理由は、物語に旨く織り込まれた莫大な専門知識によるものである。イルミナティ・アンビグラム(対称図形)・コンクラーベ(教皇選挙)・ローマ建築・美術は登場人物の口を借りて平易に説明され、ストーリーにフィクションの要素を与えている。単なるエンターティメント小説と侮ってはいけない。退屈な文章は一切ない。著者ダン・ブラウンの綿密な取材と研究が完全に成功している。第2作の日本語版も来年4月に刊行の予定であるという。アメリカ300万人を不眠にさせたという小説、私もロバート・ラングトンに夢中になった。

文:大垣書店 赤井



PAGE TOP ↑